Sunday, August 28, 2016

we're gonna ride with you, Bill and Goose...








ride in paradise, Bill.
ride in paradise, Goose.

今年はどうかしてるや。ビルとグース。二人ともキャノンボールで一緒だった。二人を想いながらキャノンボールがんばるよ。また会う日まで、さようなら。




Saturday, August 27, 2016

after 6 years...


our 1915 Indian never had any problems with clincher rims and tyres. no flat tyres either. we put green slime (tube sealant) just in case.

1915年インディアン。色々物議をかもしているクリンチャー・タイヤですが、今まで一度もトラブルなし。パンクもなし。念のため緑のスライム、チューブシーラントを注入している。

"i'll taking it out for a ride to blend slime in the tube", shinya said :D

「ちょっとスライムなじませてくるわ。」イソイソとインディアンを外に出す木村氏。


the past and future. 2001 F4 and 1915 Indian.

過去と未来みたい。2001年アグゥスタと1915年のインディアン。




:D



decided to go for a real ride.

本格的なテストライドに行くことに。




the sound!

力強い音!




it took us 6 years to make it this solid. and now shinya and Niimie know every mechanism, its trick, and how to treat our 1915 Indian.

しっかり走るようにするのに6年掛かっちゃったなあ。でも、おかげで木村氏とN美氏はこのインディアンの仕組みも癖も乗り方もすべて知り尽くしている。




                                             

Friday, August 26, 2016

el solitario in da house...


we thought we had checked and improved everywhere we could think of but still got bitter lessons in the previous Cannonball races... it's not so easy (but possible) for 101-year-old motorbike to cross country especially with our sweet-tempered 1915 Indian :P  but this time, we want to complete every stage, don't want to miss any miles.

思いつく限りの箇所を点検・強化して臨んだつもりでも、毎回手痛いお灸を据えられてきたチーム80。気の優しい1915年のインディアンでの大陸横断は手強いなあ。今度こそ、全ステージを完走、1マイルたりとも逃さずに走りたい!





the lone wolf, D of El Solitario, and his mates stopped by on the way to Burning Man in the desert.

一匹狼、スペインのエル・ソリタリオのDが幼馴染み達と一緒にバーニング・マンに行く途中に寄ってくれた。




 we love this guy.

ハチャメチャに見えるけど繊細で悩み多き一匹オオカミが大好きです。

they rented an airstream @@

エアストリーム借りたんだって。




Wednesday, August 24, 2016

in two weeks from now...


the cannonball race prep. checking the 1915 Indian fuel tank for leaks.

どんどん出発が迫っている、キャノンボール。最終チェックを始める。まずは燃料タンクの漏れチェック。












 the F4.

アグゥスタ。

the blank look of the fairings has been bothering shinya so he added some line and decal to spice it up.

どうもサイドのカウルがのっぺりしているのが気になっていた木村氏は、ラインとディカルを付け加えた。 





giving TLC to the King, CB750, which is soon to be delivered to the owner.

近々オーナーの元へと旅立つ王様を久々に愛でる。






Tuesday, August 23, 2016

one after another...


 now the XLCR light custom project is on the platform.

ついにXLCRのライト・カスタムが台にの上に。



to be continued...

続く・・・